FOS第六十六弾にお届けするのは、FERAL FLAIR 2019 SPRING & SUMMER COLLECTION 新作プリント柄、スプロウティング柄、インカネイト柄を使用したスクウェアネック開きのブラウスです。 袖はラグラン切り替えの7分丈、袖口カフス付き、前身頃にはヨーク切り替えがあり、その接ぎ目から裾に向かってボックスプリーツが走るデザイン。 そして裾にもボックスプリーツとプリーツがあり、身頃はその上下のプリーツに挟まれている状態です。 そのプリーツに身頃が挟まれている状態は後ろ身頃も同じで、通常でしたら身頃がその分量感のある状態なので着膨れしてしまいそうですが、素材が重みとドレープ性のあるレーヨンフィラメントジョーゼットの為、それを防いでくれていて、カジュアルさよりもややエレガンスさが勝っている印象です。 そして、後ろ袖側には、無地の配色切り替え有り。 非常に柔らかなマットな質感のテンセルポプリンが効いています。 分量感があるのにスッキリとした落ち感で、動くたびに軽やかに揺れ動きます。

1).デザイン

最大の特徴は、身頃に上下プリーツを入れ十分な分量を取りながらもスッキリと魅せるカッティングとその素材感、そして裾が前は上がっていて、後ろは下がっているアシンメトリーヘム、独特なプリント柄をさらに生かし込んだデザインに。

2).素材

*スプロウティング柄、インカネイト柄 レーヨンジョーゼット ー 本体に使用
2019 S&S 新作プリント柄。下地の素材はレーヨン100% のジョーゼット。レーヨンフィラメント糸で織られていますので色の発色が抜群です。発芽するエナジーを表現したスプロウティング柄と、星が誕生するエナジーを表現したインカネイト柄の二色展開。

*ソフトテンセルポプリン ー 後ろ袖に使用
タンブラー乾燥をしていてとても柔らかく加工されており膨らみも若干感じれる素材に仕上げています。

3).縫製

一重仕立て 袋縫い始末。
襟ぐり見返し返し、袖口カフス始末、裾はタック入りの三つ折り始末。 勿論、メイド イン ジャパン です。

4).コーディネート

ブラウスの裾は前が上がり、後ろが下がっているデザインですのでパンツ、スカートにインせず、オーバーブラウスのように外に出しての着方をお勧めします。 下は無地の濃紺、黒のパンツ、スカートは間違いなく合います。スリムラインのデニムにも、ワイドロングパンツにも。