FOS第六十七弾にお届けするのは、三つの異なる黒のコントラストが美しい、台形デザイン、ウエストゴム始末、一重仕立てのくるぶし丈のスカートです。 本体生地はしっかりと打ち込まれたヴィスコースリネンウェザータンブラー素材、キャンバス地にも似たハリのある素材です。そしてその本体のマットな質感と対比する光沢のあるポリエステル形状記憶メモリータフタ素材、それが裾に向かって生地を分断するかのようにハの字ストライプ状に切り替えられています。 そして裾にもまた別素材、コットンリネンギャバジンが切り替えされています。 オールブラック色ですが、その3素材はすべて異なる黒、そのハーモニーが美しいです。 ポリエステルタフタ素材はその素材の性質上、ミシンをいれると自然に縮みが発生します。その性質を生かしその縮みをアクセントにデザインされているスカートです。 夏に向けて裏地の付かないサラッと履けるスカートをテーマに作られました。 スカートのウエスト部分はベルト始末。一周にゴム入り。 ベルトに接がれたスカート身頃には前後ろ共、ギャザーが入っています。 スカート丈はべルト下から79cm丈の足首下丈スカート、足が隠れ履きやすい丈のスカートです。

1).デザイン

最大の特徴は、脇線の台形シルエットと身頃を分断するかのように、ハの字ストライプ状に切り替えマットな黒とシャイニーな黒とに配色された素材とのコントラスト、さらに裾にも異なる黒とのコントラスト。その三つの黒のハーモニーが美しいです。そしてポリエステルタフタ素材の縮みをアクセントにデザインされています。

2).素材

*ヴィスコースリネン ウェザータンブラー ー 本体に使用
レーヨン糸とレーヨンリネンの混紡糸とを、打ち込みいっぱいに織り込んだウェザー組織。厚さは中肉ですが、かなりの高密度で織り上げている為、しっかりとした( 耐久性のある )生地感になっています。これだけ打ち込みの良いヴィスコースリネン素材はあまりないかと。オールシーズンに活躍出来る素材だと思います。

*ポリエステル形状記憶メモリータフタ ー 縦切り替えに使用
ポリエステルフィラメント糸を高密度で織り形成された形状記憶メモリータフタ。日本は合繊繊維の分野ではトップクラスの品質の良さと性能を誇っていますが、その中でも特に優れたソロテックスという糸100%で織り上げています。黒の色も深く、素晴らしい素材。

*コットンリネンギャバジン ー 裾切り替えに使用
コットンリネンのナチュラルな素材。

3).縫製

一重仕立て 折り伏せ始末。
ウエストはベルト始末、ベルト中に一周ゴム入り。 裾はカフス仕様 ロック始末。 両脇に切り替え利用のポケット付き。 勿論、メイド イン ジャパン です。

4).コーディネート

くるぶし丈で少し重い印象ですので、上はなるべく小さなT-シャツやブラウスを合わせる方が無難です。 スカートの縦接ぎに使用していますポリエステルタフタ素材のFF 今期のショートブルゾンとの相性は抜群で(完売してしまいましたが)そのようなショートブルゾンを羽織るのはオススメです。